iPhoneが遂げた変遷について
どのような進歩をiPhoneを遂げていったのか知っていこう!

デザインの革新

iPhone登場以前のスマートフォンは、その形からしてとてもスマートフォンとは思えないようなものでした。キーボードも物理キーボードでしたし、画面も小さいというものがほとんどだったのです。このようなデザイン性は美しいとは言えないという評価も多かったため、スマートフォンが市場で力を持てなかった理由の一つとして挙げられることがあります。

iPhoneを筆頭に、今のスマートフォンの美しいデザイン性を構成するものとして、大きな画面とそれを邪魔しないソフトウェアキーボードの存在があります。また、画面の枠がないディスプレイの上段には「ノッチ」と呼ばれる部分があり、そこにフロントカメラが仕込まれているというところまで全てのスマートフォンに共通しているデザイン性の特徴と言えるでしょう。このような特徴もiPhoneなくしては誕生することがありませんでした。

このようなデザイン性の流行はスマートフォンだけに止まりません。あらゆるウェアラブル端末やスマートホーム専用ガジェット、ドローンに至るまでスマートフォンのようなインターフェイスと搭載しているものがほとんどです。つまり、このようなデザイン性は携帯電話という枠を超えて、多くの産業において革命を起こしたと言う画期的なデザインだと言うことが可能になります。