iPhoneが遂げた変遷について
どのような進歩をiPhoneを遂げていったのか知っていこう!

開発者の存在感

2007年の1月9日に行われた「Macworld Conference & Expo 2007」において、スティーブジョブスはiPhoneを発表します。約1時間にも渡るデモンストレーションとプレゼンテーションは、企業のひとつのプロモーションという枠を超えて大きな話題を集めます。ジョブズ氏の持つカリスマ性はもちろんですが、iPhoneの持っていた爆発的なポテンシャルがあったことは言うまでもありません。

では、一体ジョブズ氏はどのようなプレゼンテーションを行なったのでしょうか。まず、実際にiPhoneを操作してタッチインターフェイスを使ってウェブサイトの操作をしながら説明しました。その操作をしたのち、スターバックスに電話をしてカフェラテを4,000杯頼むというジョークを披露します。このような緩急の付けたアプローチがiPhoneの持っている今までに無い最先端のガジェットだという印象を決定付けたのです。

このように、スティーブ・ジョブズ氏のキャラクターとiPhoneの性能というのは往々にして歴史の中で語られることがあります。これは両方が共に歩んできたストーリーと重ねることによって、より深く理解が出来るからです。そして、スマートフォンの未だに持っている特徴としての「タッチインターフェイス」というデバイスを語る際には、ジョブズ氏のプレゼンテーションが欠かせないという声も多いと言われています。